ハンドボールのオフェンスイメージ

ハンドボールのルール

ハンドボールのオフェンス(攻撃)時に気を付けたいルール

ハンドボールは、7人の選手で攻撃と守備を担当します。 当然ゲーム中にはルールがあり、このルールを守らずゴールを決めたとしても無効になってしまいます。 では、オフェンス(攻撃)の際に気を付けなければいけないルールはどんなものがあるのか見ていきましょう。 攻撃選手の個人ルール 歩けるのは3歩まで ハンドボールでボールを保持したまま歩くことができるのは、3歩までです。 ただし、パスを受けたときにジャンプしてキャッチし、両足を同時につけば、それは0歩としてカウントされます。 決められた歩数以上歩いてしまうと「オー …

ReadMore

ハンドボールの反則イメージ

ポスト ハンドボールのルール

ハンドボールの「ポスト」ルール

ハンドボールのフィールドプレイヤーの中で、少し変わった動き方をするのがポストプレイヤーです。 強いチームには、必ずよいポストプレイヤーがおり、得点を取らなくても、動きによって点を取りやすくする重要なポジションです。 ポストだからと言って、特別なルールが適用されることはなく、基本的にはフィールドプレイヤーと同じルールが適用されます。 しかし、ポストプレイヤーがゆえに、犯してしまいやすい反則があるのも事実です。 よいポストプレイヤーを目指すのであれば、ポストが犯しやすい反則を理解したうえで、普段の練習から動き …

ReadMore

ハンドボールのキーパーイメージ1

ハンドボールのルール GK (ゴールキーパー)

ハンドボールの「キーパー」ルール

ハンドボールにおいて、最後の砦になるのがゴールキーパーです。 全てのプレイヤーの中で唯一、ゴールエリア内でプレイすることが許されていますが、そのぶん、ほかのプレイヤーにはないルールが適用されます。 ゴールキーパーをする人は、ルールをしっかりと熟知してプレイするようにしましょう。 ゴールキーパーの基本ルール 体のすべてを使うことができる フィールドプレイヤーは、基本的に手でボールを扱うことになりますが、膝下でボールを扱うことは許されていません。膝下でボールを扱うと反則が取られてしまいます。 しかし、ゴールキ …

ReadMore

ハンドボールのパスイメージ2

ハンドボールのルール

ハンドボールの「パス」ルール

パスにおける基本ルール 投げ方にルールはない ハンドボールの動きで重要なパスですが、パスの投げ方に特別なルールはありません。 片手で投げてもよいですし、両手で投げてもよいです。オーバーハンド、アンダーハンド、使う手に特に制約はありません。 ハンドボールでは、ボールを片手で扱うことが多いですが、ボールを持ち変える行為はドリブルではなく、静止動作とされるので、規定の秒数以内であれば何度持ち変えてもルール違反にはなりません。 3秒ルールがある ハンドボールでは、ボールを保持してから3秒以内に次の動作に移る必要が …

ReadMore

ハンドボールのドリブルイメージ2

ハンドボールのルール

ハンドボールの「ドリブル」ルール

ハンドボールの攻撃で大切なドリブル。 しかし、ドリブルにおいてもいくつかの反則行為がありますので注意しましょう。 ドリブルにおける基本ルール 基本だけと複雑なダブルドリブル ハンドボールのドリブルでやってはいけないことが、一度ドリブルしたボールをもう1度ドリブルするダブルドリブルです。 この反則をしてしまうと、相手のフリースローでゲームがスタートします。一見単純なるルールですが、バスケットボールとはやや異なる点があります。 こねるようなドリブルもダブルドリブル バスケットボールでは、ボールをドリブルすると …

ReadMore

ハンドボールのシュートルールイメージ

ハンドボールのルール

ハンドボールの「シュート」ルール

ハンドボールのシュートにおける基本ルール ハンドボールのシュートシーンにおいても、たくさんのルールがあります。 ルールを理解したうえでシュートしないと、せっかくボールが相手のゴールに入ったとしても無効としてカウントされてしまうので、しっかりと理解してシュートしましょう。 6mラインより外からシュートする まず、一番重要なのが6mラインよりも外側からシュートをしなければいけないということです。 ハンドボールではゴールを中心としてコート状にゴールから6m離れたところにラインが引かれています。 この内側をゴール …

ReadMore

つらいハンドボールの練習を楽しむイメージ

ハンドボールの練習

きついハンドボールの練習を楽しくする工夫

ハンドボールの練習はとてもきついですよね。仲間と一緒に頑張らないと、くじけてしまいそう。 そんなきついハンドボールの練習を、楽しくするためのヒントをまとめました。プレイヤーや監督・コーチの方々へのヒントになれば幸いです。 目的意識をはっきりとさせ楽しく練習する ゴールを与えてあげる ハンドボールの練習をしても、きつい、つらいと感じているようでは、なかなか上達しません。 「ハンドボールが面白い」「楽しい」と感じてもらうことができるようにするのは、指導者にとって大切なことです。そこで、いくつか工夫するポイント …

ReadMore

ハンドボールシューズイメージ

ハンドボール用品

ハンドボールシューズの選び方 | 室内・外のおすすめから特徴まで紹介

ハンドボールをするのであれば、用意しなければいけないのがハンドボールシューズです。 インドアスポーツなのでバスケットボールシューズやバレーボールシューズで代用できそうなイメージがありますが、一時的な代用をすることはできても本格的な代用にはなりません。 また、基本的にインドアで行うスポーツですが、練習場所や施設によっては外でプレーするケースもあります。 そのため外用と室内用があり、場合によっては2種類を用意しなければいけません。 ハンドボールシューズの選び方は 競技者を保護してくれる大切なもの ハンドボール …

ReadMore

1人でのトレーニングイメージ

ハンドボールの練習

1人でできるハンドボールのトレーニング

ハンドボールは、決まった練習時間だけ練習していても上手くはなりません。 普段から身体を鍛えることは大切ですし、それがハンドボールの技術向上にもつながってきます。 小学生や中学生であれば、ハンドボールを通してトレーニングしたことが将来、他のスポーツを選択したときにも基礎力として大いに役立ちます。 では、チームで練習するとき以外にはどんなトレーニングをするとよいのでしょうか。 自宅でできる簡単トレーニング 柔軟性の強化 1人でできるトレーニングの中でも、自宅で簡単にできて効果の高いメニューが、柔軟性のトレーニ …

ReadMore

高校生イメージ

ハンドボールの練習

ハンドボールが上手くなる高校生の練習メニュー

基礎力を大切にしつつ体力強化を 出来上がってきている身体 同じハンドボールというスポーツをしていくにあたり、中学生と高校生の違いは身体にあります。 中学生は、まだまだ発展途上の身体であり、練習メニューも発育を考慮しなければいけません。 しかし、高校生となるとある程度身体が出来上がっているので、基礎力を鍛えつつ、パワープレイできる身体を作る必要があります。 中学生とは当たりが違う 中学から高校のハンドボールに変わって驚くのが、スピードとパワーです。 特にパワーは比べ物にならないくらい強くなっており、トレーニ …

ReadMore

Copyright© Handball Kit Blog , 2019 All Rights Reserved.