ハンドボールの練習 LB (左45) RB (右45)

45(RB・LB)の練習メニュー

ハンドボール45の練習メニューイメージ

45(RB・LB)の練習メニュー

シュート力をつけるトレーニング

ハンドボールの点取りポジションになる45の選手は、確実にゴールを決めるシュート力が必要になります。

6mラインから放つシュートの正確性だけでなく、9mライン付近からもゴールを狙うことができるシュート力があれば相手によって脅威です。そこで上半身の筋肉を鍛え、強いボールを投げることができる練習をしましょう。

練習時にはシュート練習をするだけでなく、筋力トレーニングや遠投も有効です。特に遠投は筋肉を鍛えることができるだけでなく、ボールに正しい回転をかけるトレーニングにもなります。

投げる側から見てボールに綺麗なバックスピンがかかっていれば伸び上がるような軌道になり、真っすぐ進むのでコントロールしやすくなります。

カーブ回転やシュート回転してしまうとボールに正しく力を伝えることができないので、遠投で肘や肩の使い方をマスターすることが大切です。

シュートにバリエーションを持つ

45の選手は、確実にシュートを決める能力が求められます。しかし、普段の練習でなんとなくシュートを打っていては、その能力を高めることはできません。ゴールを決める確率を上げるにはシュートのバリエーションを持つことが大切です。

例えば、ジャンプシュートを打つときにも利き脚でジャンプするだけでなく、逆脚で踏み切るシュートもできると、キーパーのタイミングをずらすことができます。

シュートを打つタイミングを、ジャンプする瞬間に打つ、滞空時間を生かして着地する寸前に打つなど、たくさんのバリエーションを持っているとキーパーもディフェンスも守りにくくなるので、身に付けておくとよいです。

局面を1人で打開できる能力

45選手は点取り屋と同時に、チームの中心選手です。45のマークが厳しく動くことができないと、チーム力が大きく下がります。(ディフェンスをするときには45をいかに無力化するかを意識します。)

こうした状況においても、局面を打開できる能力を身に付けなければいけません。

例えば、数的不利な状況でもフェイントを使ってディフェンスを抜きシュートできる、ディフェンスの上からロングシュートで得点できるなど、個人能力を高める練習はとても大切です。

普段練習するときから、シュート練習、フェイント練習は重点的に行いましょう。

そして2対1や3対2など、センターやサイドの選手とフォーメーション練習を協力して行い、自分がどの程度の隙間であればシュートまで持って行けるのかを感覚で身に付けることが大切です。

45(RB・LB)練習の参考動画

シュート練習とシュートのルールをおさらい

ハンドボールのシュート練習やシュートの基本ルール、反則行為などについて、参考になる記事をピックアップしました。

こちらもチェックしてみてください。


ハンドボールのシュートイメージ
ハンドボールのシュート | 種類とコツ、正しいフォーム練習まで

個々の技術が局面を打開する 一対一で負けない能力 ハンドボールはチームスポーツですが、チームが勝つためにはチーム力と同じくらい個々の能力が大切になります。 特にオフェンス側が優位と言われている個々の対 …

続きを見る

-ハンドボールの練習, LB (左45), RB (右45)

Copyright© Handball Kit Blog , 2019 All Rights Reserved.