ハンドボールのポジション | 適正と役割とは?

GK (ゴールキーパー)

ハンドボールキーパー

ゴール前の守護神。体のどこを利用してもよいので、ボールをゴールに入れさせない役割を持ちます。唯一7mラインの内側でプレイをすることができるプレイヤーです。

求められる能力

ハンドボールでは、ゴールキーパーが弾いたボールがエンドラインを割ったとしても自チームのボールとしてスタートするため、ボールをキャッチするより弾くことができる瞬発力と反射神経が求められます。

相手から攻撃を受けるときには最後方から見ることができるポジションなので、守備で戻ってくる味方に対して適切な指示を出すことができる能力が必要です。

チーム内で最も運動能力の高い人が任されることが多く、シュートコースを狭めるためにも大きな体格が優位とされています。

CB (センター)

ハンドボールセンター

真ん中でプレイをします。攻撃の起点となり、ボール回しの判断力とセンスが求められます。

ゲームを支配するポジション

センターは攻撃の起点となり、ゲームを支配するポジションです。

チャンスとあれば速いボール回しで相手のディフェンスを翻弄しなければいけませんし、ゲーム展開がよくないと判断すれば、ボールを長く持ってゲームを落ち着けなければいけません。

常に冷静にゲームメークをする能力が求められます。

守備的な意識も必要

センターは、攻撃をする時にフィールドプレイヤーの中で一番後ろにいることが多いです。

相手にボールをとられたときにはすぐに守備要因として真っ先にバックする献身性が必要です。

LB (左45)

ハンドボール左45

点取りポジションが左45です。センターの横につき、ボールをサイドに回すだけでなく、自ら切り込んでシュートを放ちます。

高い得点能力が求められる

LBは点取りポジションで、シュートコースの都合上、右利きの方が優位と言われています。

また、相手のディフェンスの上から打つことができるように体格が大きく、もっともシュート力がある人が任せられます。

エースポジション

強いチームでは逆のRBと共にチームのエースがこのポジションに入ります。

LBの選手の点取り能力が高いとディフェンスがLBの選手に寄ってしまうため、LWの選手が点を取りやすくなるメリットもあります。

RB (右45)

ハンドボール右45

LBと同じように点取りポジションがRB (右45)です。こちらはシュートコースの都合上、左利きが優位です。

右利きはポジション取りが大切

RBは左利き優位のポジションですが、右利きが入ることもあります。その場合には、シュートコースがどうしても狭くなってしまうため、ポジション取りが大切になります。

利き手によって役割が変わります。

エース殺しのポジション

RBの選手は、試合中、相手のLBをマークすることになります。相手のエースが強力な場合にはRBにディフェンス能力の高い選手を入れて、相手の攻撃を封じる作戦を取ることもあります。

このため、RBは特定の選手を固定せず、RWやCBの選手とポジションチェンジをしながら使っていくことも多いです。

RW (右サイド)

ハンドボール右サイド

速攻のときにサイドを一気に駆け上がる能力が求められるのがRW (右サイド)です。シュートコース上は左利きが優位になります。

体格よりもダッシュ力が求められるポジションです。

一気にゲーム展開を変える

RW、LWはゲーム展開を一気に変えることができます。自分の守備側でないサイドでシュートが打たれたらすぐに走り始めるのが基本で、そこにキーパーやセンターからのロングボールが飛んでいきます。

サイドで点が取れると、速攻を恐れて相手の攻撃リズムが悪くなります。

右利きは跳躍力が必要

RWに右利きの選手を入れる場合には、シュートコースを空けるためシュートを打つ瞬間ジャンプをやや内側に飛ぶ技術が必要になります。

跳躍力のある選手の方が点は取りやすくなります。

LW (左サイド)

ハンドボール左サイド

エース側のサイドでRWと同じく瞬発力が求められるポジションです。シュートコースの都合上、右利きが優位です。

エース以上に点が取れることも

LWは速攻のときに点を取れるポジションであると同時に、強力なLB (左45)がいるときには、そこにマークが集中するため、LB以上に点を取ることができるケースもあります。

戦術次第では、LBを囮にして、LWへボールを集めるという方法を取ることもあります。

LBの動き次第では後方から走ることも

LWの動きはLBの選手に大きく依存します。能力の高いLBがいる場合には、攻撃時にLBに任せてしまい、LWはその後方からサポートするような動きをすることもあります。

逆に真っ先に相手のサイドラインに寄ることで相手のディフェンスが開いてしまい、LBの選手がシュートしやすくする役割もあります。

PV (P) (ピボットまたはポスト)

ハンドボールポスト

相手のディフェンス内に入り込んでポジションを作る役割です。攻撃時にゴールに背を向けていることが多く、裏の攻撃司令塔になります。

作戦指示を出す

ピボットプレイヤーは攻撃時に逆を向いていることが多いので、作戦の指示を出すことが多くあります。

また、ポストプレイやシザーズプレイなどフォーメーション攻撃をするときにピボットは欠かすことができません。

コンビでスクリーン

ピボットがよくやるプレイの1つにスクリーンがあります。相手のディフェンスの前に立ちはだかり、攻撃するプレイヤーのスペースを空けます。

サイドやセンターと絡むことによってコンビスクリーンが可能になるなど、多様な攻撃パターンを作り出すことができます。

ハンドボールの反則イメージ

ポスト ハンドボールのルール

2019/3/30

ハンドボールの「ポスト」ルール

ハンドボールのフィールドプレイヤーの中で、少し変わった動き方をするのがポストプレイヤーです。 強いチームには、必ずよいポストプレイヤーがおり、得点を取らなくても、動きによって点を取りやすくする重要なポジションです。 ポストだからと言って、特別なルールが適用されることはなく、基本的にはフィールドプレイヤーと同じルールが適用されます。 しかし、ポストプレイヤーがゆえに、犯してしまいやすい反則があるのも事実です。 よいポストプレイヤーを目指すのであれば、ポストが犯しやすい反則を理解したうえで、普段の練習から動き …

ハンドボールのキーパーイメージ1

ハンドボールのルール GK (ゴールキーパー)

2019/3/23

ハンドボールの「キーパー」ルール

ハンドボールにおいて、最後の砦になるのがゴールキーパーです。 すべてのプレイヤーの中で唯一、ゴールエリア内でプレイすることが許されていますが、そのぶん、ほかのプレイヤーにはないルールが適用されます。 ゴールキーパーをする人は、ルールをしっかりと熟知してプレイするようにしましょう。 ゴールキーパーの基本ルール 体のすべてを使うことができる フィールドプレイヤーは、基本的に手でボールを扱うことになりますが、膝下でボールを扱うことは許されていません。膝下でボールを扱うと反則が取られてしまいます。 しかし、ゴール …

ハンドボールPVの練習メニューイメージ

ポスト ハンドボールの練習

2019/3/30

ポスト(PV)の練習メニュー

ポスト(PV)の練習メニュー ポストに求められるスクリーンプレイ ハンドボールのポジションの中でも異質なのが、ポスト(PV)です。そのため練習メニューも他のポジションとは少し違ったものが入ります。 代表的なものがスクリーンプレイです。密集地内を動き回り、味方選手の動きを見てディフェンスの進路をふさぎ、味方選手にスペースを作り出します。手を使って進路を塞いでしまうと反則になるので、身体を上手に入れてスクリーンを仕掛けます。 練習方法は、まずスクリーンをかけるときの姿勢を作ります。脚をしっかりと踏ん張り他の選 …

ハンドボールサイドの練習メニューイメージ

LW (左サイド) ハンドボールの練習 RW (右サイド)

2019/3/9

サイド(RW・LW)の練習メニュー

サイド(RW・LW)の練習メニュー 何度も練習が必要なサイドシュート サイドの選手がまず徹底的に練習しなければいけないのが、サイドシュートです。シュートコースが狭く、高いボールコントロールと球のスピード、さらにゴールキーパーの動きを読む判断力が必要になります。 ただシュートを放つだけでなく、ボールにスピンをかけてバウンドさせゴールを狙う方法や、身体をセンター方向に飛ばしながらゴールを狙う方法など、高い技術が必要です。 そのためサイドの選手はサイドシュートの練習を徹底的に行い、その中で自分がシュートを打てる …

ハンドボール45の練習メニューイメージ

ハンドボールの練習 LB (左45) RB (右45)

2019/3/9

45(RB・LB)の練習メニュー

45(RB・LB)の練習メニュー シュート力をつけるトレーニング ハンドボールの点取りポジションになる45の選手は、確実にゴールを決めるシュート力が必要になります。 6mラインから放つシュートの正確性だけでなく、9mライン付近からもゴールを狙うことができるシュート力があれば相手によって脅威です。そこで上半身の筋肉を鍛え、強いボールを投げることができる練習をしましょう。 練習時にはシュート練習をするだけでなく、筋力トレーニングや遠投も有効です。特に遠投は筋肉を鍛えることができるだけでなく、ボールに正しい回転 …

ハンドボールCBの練習メニューイメージ

ハンドボールの練習 CB (センター)

2018/12/15

センター(CB)の練習メニュー

センター(CB)の練習メニュー 求められる高いパス能力 コートの真ん中に立ち司令塔の立場を担うセンターの選手は、どんな練習をすればよいのでしょうか。 判断力や冷静な精神などメンタル面で必要な能力も多いですが、一番求められるものが「パス能力」です。センターからのパスが得点につながるため、正確で、受け手が次につながりやすいパスを練習しなければいけません。 練習メニューとしては、基本のオーバーハンドパス、そしてラテラルパス、この2つはセンターの必修科目です。 他にもアンダーハンドパスやサイドハンドパス、バウンズ …

ハンドボールGKの練習メニューイメージ

ハンドボールの練習 GK (ゴールキーパー)

2019/3/23

ゴールキーパー(GK)の練習メニュー

ゴールキーパー(GK)の練習メニュー 小さく素早く動く姿勢作り ハンドボールのゴールを守る守護神のキーパーがまず身に付けなければいけないのが、素早く小さく動くための姿勢と動き作りです。 ハンドボールはゴールが小さいので、サッカーのように横に跳ぶ必要はありません。また、キーパーが弾き出せば自分のチームのボールになるのでボールをつかむ必要もありません。 シュートが打たれるときは、シューターに対して正対すると反応しやすくなります。この動きはシュート練習をするときだけでなく、フォーメーションプレイのときにボールの …

フレン・アギナガルデ

ハンドボールのポジション ポスト

2019/3/30

ハンドボールのポストプレイヤー(PV) | 役割や動き方、シュートや練習まで解説

ハンドボールの PV(ポスト)とはどんなポジション? ハンドボールのゲーム中に、他のプレイヤーとは異なる動きをするのがPV(ポストプレイヤー)です。 得点を取るのは45やサイドの選手が行いますが、この選手たちが点を取りやすいようにサポートする「影の立役者」となります。 PVのポジション特性 スペースを確保する PVの選手は他のポジションの選手とは異なり、攻撃をするときには6mライン付近にポジションを取ります。 6mライン付近には相手チームのディフェンスラインができており、その中に入り込むのがPVの位置取り …

リュック・アバロ

ハンドボールのポジション RW (右サイド)

2019/3/9

ハンドボールのRW(右サイド) | 右利き左利きのシュートの仕方や動きのコツ

ハンドボールの RW(右サイド)とはどんなポジション? LWと対象の場所に位置しており、LWと真逆に右サイドを駆け上がっていくポジションがRWです。 LWと同じような働きがある一方で、テクニックが求められるシュートやフェイントが必要になるのが、RWです。 LWのポジション特性 最も長い距離を駆け抜ける RWはLWと対照の位置にあるポジションで、働きはLWと変わりません。 速攻の時には右サイドを駆け上がり、ディフェンスのときにはゴールラインに近い位置まで下がってこなければいけないので、長距離を走る速さと体力 …

グジョン・シグルズソン

ハンドボールのポジション LW (左サイド)

2019/3/9

ハンドボールのLW(左サイド) | 動きやシュートのコツとディフェンス方法

ハンドボールの LW(左サイド)とはどんなポジション? ハンドボールコートの左サイドを駆け上がり、ロングパスを受けて点数を取る速攻を仕掛けるのに欠かすことができないのがLW(左サイド)の選手です。 一瞬にして流れを変えるプレイができるのが、LWの特徴的なスタイルです。 LWのポジション特性とは 最も長い距離を駆け抜ける LWはRWと対照の位置にあるポジションで、攻撃のときは最もエンドラインに近いところにポジションを取ります。 一方、守るときにもディフェンスの中で最もエンドラインに近いところを守ることになり …

カロル・ビェレツキ

ハンドボールのポジション LB (左45)

2019/3/9

ハンドボールのLB(左45) | 動きやシュートのコツとは

ハンドボールの LB(左45)とはどんなポジション? ハンドボールのLBは「左45」と言われるポジションで、センターの左側にポジションを取り、センターと左サイドを直角に結ぶような位置にポジション取りをします。 LBのポジションの選手はどんな人が適任なのでしょうか。 チームのエースが任せられるポジション LBは、チームの攻撃の中で最も大切なポジションであり、いわゆるエースと呼ばれている選手がこのポジションに入ります。 試合でLBの選手がしっかりと仕事をすることができるかでゲームの勝敗が決まります。 LBの選 …

リン・イェルム・スラン

ハンドボールのポジション RB (右45)

2019/3/9

ハンドボールのRB(右45) | 役割と攻め方、右利きの場合のコツ

ハンドボールの RB(右45)とはどんなポジション? LB(左45)と同じく、チームの得点をたたき出す点取り屋のポジションがRB(右45)です。 LB・CBと協力をして動き、相手ディフェンスを翻弄し、チャンスがあれば積極的にシュートを狙っていかなければなりません。 RB(右45)に求められる能力 RBの選手はLB(左45)の選手と同じように、体格・シュート力・体力の3つが求められます。 異なる点は、ボールを持ってシュートを打つときにシュートコースの都合上、右利きよりも左利きの方がシュートコースを広げること …

Copyright© Handball Kit Blog , 2019 All Rights Reserved.