LW (左サイド) ハンドボールの練習 RW (右サイド)

サイド(RW・LW)の練習メニュー

ハンドボールサイドの練習メニューイメージ

サイド(RW・LW)の練習メニュー

何度も練習が必要なサイドシュート

サイドの選手がまず徹底的に練習しなければいけないのが、サイドシュートです。シュートコースが狭く、高いボールコントロールと球のスピード、さらにゴールキーパーの動きを読む判断力が必要になります。

ただシュートを放つだけでなく、ボールにスピンをかけてバウンドさせゴールを狙う方法や、身体をセンター方向に飛ばしながらゴールを狙う方法など、高い技術が必要です。

そのためサイドの選手はサイドシュートの練習を徹底的に行い、その中で自分がシュートを打てる限界の角度を見つける必要があります。

0角度から決めることができれば理想的ですが、できるだけエンドラインに近いところからゴールを決められる力があれば、相手のディフェンスは広く守らなければいけなくなり、隙間ができやすいので、45やセンターの選手を生かすことができます。

速攻の練習

サイド選手の見せ場に、速攻があります。スピードを生かして数的優位な状況を作り得点を決めますが、速攻の動きをサイドの選手はしっかりと練習する必要があります。

最初はサイドの場所から走り、ボールを受けてシュートするまでの流れを覚え、自分の走るラインを見つけます。この練習のときには、ボールを受けるサイド選手よりもボールを出すキーパーやポストとの連携が大切になるので、球出しの練習も併せて行います。

次に、実戦の中で飛び出していく練習をします。

サイドの選手は自分のチームの選手がボールを触ったときに飛び出していては、タイミングとしては遅いです。

反対サイドの相手選手がシュートを打ったと同時にスタートをしますが、早く跳び出し過ぎると自分のマーク相手がノーマークになってしまうリスクがあり、タイミングが非常に難しく、実戦の中で何度も練習しなければいけません。

そして、ただ相手のゴールを目がけて走っていくのではなく、リバウンドをキャッチした仲間や相手のディフェンスを見ながら自分の走るコースを変える必要があります。

速攻はボールの出し手と受け手がかみ合うとほとんどノーマークでシュートを放つことができる、絶好の攻撃チャンスです。サイドの選手は速攻の動き出しのタイミングを練習することはとても重要になります。

センター・45との連動

サイド選手を生かすことができるかどうかは、すぐ隣の45の動きと大きく関わってきます。

そして45選手の動きはセンターの動きと連動するため、センター・45・サイドでメンバーを組み、パス回しからシュートに持ち込む練習を取り入れるのがよいです。

特にサイド選手が意識しなければいけないのが、45選手を生かすための動きです。

具体的には45からパスをもらったとき、必ずゴールラインの方向へ動くようにします。この動きを入れるだけで、相手のディフェンスはサイドと45の間に隙間が生まれるので、45選手がシュートしやすくなります。この動きがないと相手のディフェンスが中央に寄るので45で点が取りにくくなります。

普段練習するときから、相手のディフェンスを広げるという意識を持って練習しましょう。

サイド練習の参考動画


シュート練習とシュートのルールをおさらい

ハンドボールのシュート練習やシュートの基本ルール、反則行為などについて、参考になる記事をピックアップしました。

こちらもチェックしてみてください。


ハンドボールのシュートイメージ
ハンドボールのシュート | 種類とコツ、正しいフォーム練習まで

個々の技術が局面を打開する 一対一で負けない能力 ハンドボールはチームスポーツですが、チームが勝つためにはチーム力と同じくらい個々の能力が大切になります。 特にオフェンス側が優位と言われている個々の対 …

続きを見る

-LW (左サイド), ハンドボールの練習, RW (右サイド)

Copyright© Handball Kit Blog , 2019 All Rights Reserved.